Youtubeと著作権

著作権はオリジナル作品の創作を行なった人が、自動的に獲得することが可能な権利です。音楽、映像、絵画など、コンテンツの種類を問わずに権利は生じています。
Youtubeの場合、別の人が創作した著作物を無断でアップロードすると、著作権に違反している行為となります。とくに厳しく取り締まりが行なわれているのはCD・DVDなどの有形のメディアに記録されているもの、有償配布が行なわれているもの、テレビ番組といったものです。

もちろん取り締まりが厳しいかどうかに関係なくほかの人の著作物を無断で動画として投稿するのは著作権違反です。著作権違反は親告罪のため、著作権違反ではあるもののゲーム実況のように権利者が宣伝になるということなどを理由に黙認しているようなグレーゾーンのケースはあります。

Youtubeで著作権違反を行なった場合にどうなるかですが、アカウント停止のほか、収益化する権利を失うなどの処置がとられます。動画を投稿することによってお金を稼いでいる人の場合には、食いぶちをなくしてしまうことになります。
なお、著作権違反動画は通報、著作者による削除通知、システムの自動検知によって発見されています。こうした動きがあると、警告が行なわれたり動画が削除されたりします。

Youtubeと著作権の関係を簡単に説明しましたが、動画の内容次第では著作権保護コンテンツが含まれている状態になり、収益を得ることが不可能になるケースがあります。その場合に起こる現象や回避に関する情報をまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

参照HP<YoutubeコンテンツID運用サービス ASSET MANAGER
YoutubeコンテンツIDを利用した著作権保護のサービスです。