回避することはできる?

Youtubeに投稿した動画が著作権保護コンテンツが含まれている状態になると、収益を得ることが不可能になるなどの問題が起こり得ます。とくにYoutubeに動画をアップロードしてお金を稼いでいる人にとっては死活問題となるわけですが、この状態になるのを回避する方法はないか、気になっている人もいるのではないでしょうか。

動画に著作権保護コンテンツが含まれている状態を回避するにはどうするか、答えはシンプルです。自分のオリジナルのコンテンツ以外の、別の人が創作したコンテンツを動画に収録し、アップロードしないということです。映像がメインでも、バックで流れている音楽でアウトというケースもありますので、編集では注意したいところです。

また、ほかの人が創作したコンテンツでも、著作権フリーの素材として配布されているものがあります。使用目的に制限がない、リンクやクレジット表記、創作者への連絡などが不要なものがありますので、自作できない人はこのようなものを使って動画の編集を行なうと良いでしょう。

なお、一見完全フリーのように見えても、使用目的に制限があったり、動画内や動画説明文にリンクやクレジット表記を入れなければならなかったり、連絡が必要だったりすることもありますので、利用条件をよく確認することが大切です。