アップロードは許される?

Youtubeでは、動画の投稿時に著作権保護コンテンツが含まれているかどうかの自動解析が行なわれています。著作権保護コンテンツというのは、著作権が発生している音楽、映像、絵画などのことをいいます。

解析の結果、著作権保護コンテンツありとみなされてしまった場合には、著作権情報と申立人情報が表示されます。そのあとはそのまま動画が削除されるのかというと、必ずしもそうとは限りません。広告収入は著作権者が獲得するという条件をのみこめるのであれば、アップロードをしてもかまわないケースがあります。もちろん、このような形ではなく、即刻動画が消されてしまうことも、動画の内容次第では十分にあり得ます。

したがって、著作権保護コンテンツが含まれている動画のアップロードは可能な場合もあるという結論になります。ただ、むやみにアップロードすることはおすすめしません。

理由はいくつかありますが、主なものとしては先述した収益が著作権者に入るというしくみです。自分の収入ではなくなるため、Youtubeで稼ぎたいと思っている人には意味がありません。そしてもう一つはあくまで著作権を侵害していることに変わりはないという点です。アップロードしては削除ということを繰り返していることにより、アカウント停止などの処分を受けて動画投稿活動が続けられなくなってしまう恐れがあります。