回避することはできる?

Youtubeに投稿した動画が著作権保護コンテンツが含まれている状態になると、収益を得ることが不可能になるなどの問題が起こり得ます。とくにYoutubeに動画をアップロードしてお金を稼いでいる人にとっては死活問題となるわけですが、この状態になるのを回避する方法はないか、気になっている人もいるのではないでしょうか。

動画に著作権保護コンテンツが含まれている状態を回避するにはどうするか、答えはシンプルです。自分のオリジナルのコンテンツ以外の、別の人が創作したコンテンツを動画に収録し、アップロードしないということです。映像がメインでも、バックで流れている音楽でアウトというケースもありますので、編集では注意したいところです。

また、ほかの人が創作したコンテンツでも、著作権フリーの素材として配布されているものがあります。使用目的に制限がない、リンクやクレジット表記、創作者への連絡などが不要なものがありますので、自作できない人はこのようなものを使って動画の編集を行なうと良いでしょう。

なお、一見完全フリーのように見えても、使用目的に制限があったり、動画内や動画説明文にリンクやクレジット表記を入れなければならなかったり、連絡が必要だったりすることもありますので、利用条件をよく確認することが大切です。

再ダウンロードは可能?

通常、Youtubeに投稿した動画は、管理画面経由でダウンロードすることが可能です。手元に投稿した動画のファイルを残してある人にとっては必要のない機能ですが、マシンの容量を圧迫するということで、投稿後に削除してしまっている人にとってはとくに便利な機能です。
なお、Youtubeでの動画再ダウンロードは、投稿時のファイルに比べてファイルサイズが小さくなっていたり、画質が悪くなっていたりする現象が、圧縮されるために起こり得ます。

投稿した動画をあとでダウンロードすることが不可能になるケースがあり、動画に著作権保護コンテンツが含まれている場合には行なうことができません。管理画面経由でこれまで表示されていたダウンロードの項目がなくなっていることが、実際にこの現象が起こっている場合には確認できます。

これに対し、動画に著作権保護コンテンツが含まれていない場合には、冒頭で述べたとおり動画の再ダウンロードを行なうことが可能です。管理画面経由でダウンロードの項目が表示されていますので、必要な場合には選択しましょう。なお、ダウンロードを行なう場合、どのファイル形式になるのか気になっている人もいるでしょう。この点に関してですが、MP4の形式でダウンロードする形になります。

アップロードは許される?

Youtubeでは、動画の投稿時に著作権保護コンテンツが含まれているかどうかの自動解析が行なわれています。著作権保護コンテンツというのは、著作権が発生している音楽、映像、絵画などのことをいいます。

解析の結果、著作権保護コンテンツありとみなされてしまった場合には、著作権情報と申立人情報が表示されます。そのあとはそのまま動画が削除されるのかというと、必ずしもそうとは限りません。広告収入は著作権者が獲得するという条件をのみこめるのであれば、アップロードをしてもかまわないケースがあります。もちろん、このような形ではなく、即刻動画が消されてしまうことも、動画の内容次第では十分にあり得ます。

したがって、著作権保護コンテンツが含まれている動画のアップロードは可能な場合もあるという結論になります。ただ、むやみにアップロードすることはおすすめしません。

理由はいくつかありますが、主なものとしては先述した収益が著作権者に入るというしくみです。自分の収入ではなくなるため、Youtubeで稼ぎたいと思っている人には意味がありません。そしてもう一つはあくまで著作権を侵害していることに変わりはないという点です。アップロードしては削除ということを繰り返していることにより、アカウント停止などの処分を受けて動画投稿活動が続けられなくなってしまう恐れがあります。

Youtubeと著作権

著作権はオリジナル作品の創作を行なった人が、自動的に獲得することが可能な権利です。音楽、映像、絵画など、コンテンツの種類を問わずに権利は生じています。
Youtubeの場合、別の人が創作した著作物を無断でアップロードすると、著作権に違反している行為となります。とくに厳しく取り締まりが行なわれているのはCD・DVDなどの有形のメディアに記録されているもの、有償配布が行なわれているもの、テレビ番組といったものです。

もちろん取り締まりが厳しいかどうかに関係なくほかの人の著作物を無断で動画として投稿するのは著作権違反です。著作権違反は親告罪のため、著作権違反ではあるもののゲーム実況のように権利者が宣伝になるということなどを理由に黙認しているようなグレーゾーンのケースはあります。

Youtubeで著作権違反を行なった場合にどうなるかですが、アカウント停止のほか、収益化する権利を失うなどの処置がとられます。動画を投稿することによってお金を稼いでいる人の場合には、食いぶちをなくしてしまうことになります。
なお、著作権違反動画は通報、著作者による削除通知、システムの自動検知によって発見されています。こうした動きがあると、警告が行なわれたり動画が削除されたりします。

Youtubeと著作権の関係を簡単に説明しましたが、動画の内容次第では著作権保護コンテンツが含まれている状態になり、収益を得ることが不可能になるケースがあります。その場合に起こる現象や回避に関する情報をまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

参照HP<YoutubeコンテンツID運用サービス ASSET MANAGER>
YoutubeコンテンツIDを利用した著作権保護のサービスです。